Christopher Cross ” Another Page – アナザー・ペイジ – “

デビュー作で実力と才能を見せつけたChristopher Cross
” Another Page “では、その高いクオリティをさらにアップさせた

大らかで澄んだ美声が、大地の向こうの青空に虹をかけていく
爽やかでロマンティックな高音と美しいメロディを持ったクリストファー・クロスが
登場したとき、フラミンゴ・マークとテキサス出身ということだけしかわからなかった
無名の新人に限りない夢を託した
そして、たった1枚のデビュー・アルバムと映画主題歌のシングル盤1枚だけで、彼は
グラミー賞5冠王とオスカーを手に入れ、3年後にやっと待望の2nd” アナザー・ペイジ ”
を発表し、メロディもサウンドも歌声も一層美しく磨かれてよりポップな魅力に輝いた
” それは外宇宙からトランスミッションみたいに心に浮かぶ “というように2nd発表まで
これほどの時間をかけたのもグラミー賞独占のプレッシャーよりも、この” 霊感 “を信じ
ていい曲を残したいということで、その結果このような美しいアルバムになったわけだ
が、クリストファー自身も自身に対する期待を求めていたものが、うまく再現できたと
して、もしこれが失敗作といわれても自分では素晴らしいアルバムだと思っていると
自信のほどを語っていた


§ Recorded Music §
1 No Time for Talk – 悲しきメモリー
2 Baby Says No – つれないベイビー
3 What Am I Supposed to Believe – 愛に迷って
4 Deal ‘Em Again – ディール・エム・アゲイン
5 Think of Laura – 忘れじのローラ
6 All Right – オール・ライト
7 Talking in My Sleep – 夢のささやき
8 Nature of the Game – ゲームの規則
9 Long World – 見果てぬ世界
10 Words of Wisdom – 英知の言葉

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Christopher Cross クリストファークロス / Another Page 輸入盤 【CD】
価格:1332円(税込、送料別) (2018/6/2時点)





宇宙との交信にも似たクリストファーのソングライティングは、普通ギターを弾きなが
ら、ときにはピアノを一部使いながら行われていたが、その完成に大きな力となって
いるのはマイケル・オマーティアンの存在だろう
彼はプロデューサー、アレンジャー、キーボード・プレイヤーとしてクレジットされて
いるが、クリストファーは頭の中で曲の輪郭ができ上がると、早速マイケルのところへ
でかけて仕上げをする
説明はできても演奏できないところをマイケルにやってもらう
そういう人が身近にいることはクリストファーにとって、どれほど大きな助力であり
幸いであるか…
この打ち明け話は、クリストファーのソングライティングにマイケルが関与していると
同時に、あのクリストファー・クロス・サウンドと呼ばれる明るく爽やかなAORサウン
ドが単に熟達したアレンジャーの頭脳が新人歌手に与えたものでないことを示している




” ニューヨーク・シティ・セレナーデ “がアカデミー映画主題歌賞を獲得したあと彼は
クインシー・ジョーンズに依頼され、アレッシーの” そよ風にくちづけ “のプロデューサ
ーをやったり、ドナ・サマー、アメリカ、マイケル・マクドナルド、ブレンダ・ラッセ
ルなどのアルバムに参加したりしているし、コンサート活動も精力的に行い、自身の
新作発売が遅れたといわれていたが、理由は前述の通り” 霊感 “だ
この新作にはクレジットの通り、多彩なゲストが参加していて、前作よりさらに洗練さ
れたポップ性を高めている
クリストファーは、この当時一念発起で減量に成功
シェイプ・アップしただけハンサムになったばかりでなく、声も楽に出るようになった
とかで、ニュアンスの表現が巧みになった美しい歌声は、テキサスからロスアンゼルス
に移った当時の彼の生活ぶりを伝えているかにみえる


” オール・ライト “は第1弾シングルで、典型的なクリストファー・クロス・サウンドは
一層ソフィスティケイトされ、軽快にノッている
” もう一度やり直そう、今度はきっとうまくいく… “、バック・ヴォーカルはマイケル・
マクドナルド、スティーヴ・ルカサーのギターもよく歌っている
アップ・テンポの明るい曲調ながら別離の無念が歌われ、ビートとサウンドに新しい
響きがある” 悲しきメモリー “、マイケル・マクドナルドがヴォーカルに参加
口には出さないが、不安定に揺れ動く恋心を優しいメランコリーで歌っている” 愛に迷っ
て “は、静かな美しいバラード、デュエットのカーラ・ボノフも実に魅力的である
この曲は、このアルバムの中でも最も好きな一曲だという
憧れの人とは夢で話せるだけ…” 夢のささやき ”
この曲ができたとき、クリストファーはアート・ガーファンクルのような声で歌って
ほしいと思い、頼んでみたところ曲を気に入って快くセッションに参加した
アート・ガーファンクルは最高の歌手と絶賛していたそうで、デリケートで美しい佳曲
に仕上がっている
サウンドと歌声と愛の心を主観的に歌った曲は、まさに一体となって快いロマンティッ
クな世界へと誘い込んでいく





MEDDLE

Author: meddle

2 thoughts on “Christopher Cross ” Another Page – アナザー・ペイジ – “

  1. 数々のAOR名盤の中でRWが最も嵌ったのはクリストファークロスの2名盤「南から来た男」と「アナザーページ」でした。彼の歌声を初めて聴いたのはデビュー盤「南から来た男」(フラミンゴのジャケットが印象的)からシングルカットされた「風立ちぬ」(Ride Like The Wind) ・・、今この題名を聞くと、松田聖子の歌や宮崎駿・映画の題名の方が完全に有名ですが実は「栗黒様」の方が先駆けでございました。吹きすさぶ風の音が冒頭に入るパターンはこの曲と、ピンクフロイド「吹けよ風呼べよ嵐」くらいしか小生は思いつかない・・。その次にリリースされた曲が冒頭に紹介した「セイリング」でしたね。真っ青なカリフォルニア海岸の波打ち際にいるような抒情的風景を彷彿させ、澄み渡った歌い上げる繊細な声の素晴らしさにRWは一挙虜に・・・!さらにヒットは続き、「もう二度と」(never be the same)や「セイ・ユール・ビー・マイン」などの名曲が世界を駆け巡りましたね~!詩情的ロマンチックな澄み切ったハイテナーヴォイス、どんな美男子なのかな?と想像していたのですが、初めてそのルックス(頭が禿げ上がった中年太りのおっさん風)に接した時はまさに目がテン!洋楽史上で最も声とルックスにギャップがある双璧アーティストはわが洋楽の導き人「エルトンジョン」(被り物での肥満化以降)と「クリストファークロス」でした(涙)。

    1. コメントありがとうございます_m(__)m
      でもって、毎度のことでコメントをお返しするの遅れて申し訳ありません_m(_ _;)m
      そうですねぇ、” アナザー・ページ “より衝撃的だったのは、” 南から来た男 “ですかねぇ
      ” 風立ちぬ “…カゼ♪タチーヌー♫ ↩ ソッチジャナク(笑)
      パ・ラララ・パ・パ・パッパー♫と、何といっても最後のギター・ソロに度肝を抜かれました
      >(頭が禿げ上がった中年太りのおっさん風)↩ ワロタ
      声と顔のギャップ…納得です…orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください