Yngwie Malmsteen ” COLLECTION – コレクション – “

ギタリスト、Yngwie Malmsteenの1991年発表のベスト・アルバム

ハード・ロックの歴史は、幾多の英雄たちによって築き上げられてきた
もちろんロバート・プラントやポール・ロジャースといった偉大なるシンガーや、
ジョン・ボーナム(ds)、ジョン・ロード(key)など、その” 英雄 “のポジションはさまざま
ではあるが、ハード・ロックという音楽が持っている性質上ギター・プレイヤーの占め
る位置の重要性は極めて高く、ハード・ロック史を彩る数多くのギター・ヒーロー伝説
はひときわ大きな輝きを放っていた
ハード・ロック誕生期のジミー・ペイジやジェフ・ベック、エリック・クラプトンら
いわゆる” 三大ギタリスト “を始めとして、リッチー・ブラックモア、トニー・アイオミ
といった” 70年代の巨人 “、そしてゲイリー・ムーアやマイケル・シェンカー、エディ・
ヴァン・ヘイレンなどの人気プレイヤーを含む” ギター・ヒーロー系譜 “は、脈々と流れ
続けていたわけだが、そうした中でもとりわけ異彩を放っていたのが80年代に若き天才
ギタリストとして華々しくデビューしたイングヴェイ・マルムスティーンであった


§ Recorded Music §
1 Black Star – ブラック・スター
2 Far Beyond the Sun – ファー・ビヨンド・ザ・サン
3 I’ll See the Light Tonight – アイル・シー・ザ・ライト・トゥナイト
4 You Don’t Remember,I’ll Never Forget – ユー・ドント・リメンバー
5 Liar – ライアー
6 Queen in Love – クィーン・イン・ラヴ
7 Hold On – ホールド・オン
8 Heaven Tonight – ヘヴン・トゥナイト
9 Deja Vu – デジャ・ヴー
10 Guitar Solo( Trilogy Suite Op:5/Spasebo Blues )ギター・ソロ(トリロジー・スーツOP:/スパセボ・ブルース)
11 Spanish Castle Magic – スパニッシュ・キャッスル・マジック
12 Judas -ジューダス
13 Making Live( Extended Guitar Solo ) – メイキング・ラヴ( ロング・ヴァージョン )
14 Eclipse – エクリプス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Collection [ Yngwie Malmsteen ]
価格:1280円(税込、送料無料) (2018/6/2時点)





1963年にスウェーデンの首都ストックホルムで生まれたイングヴェイ・マルムスティー
ンが世界の表舞台に登場したのは83年のこと、AOR畑のソロ・シンガーでありながら、
リッチー・ブラックによってハード・ロック・シーンに引き入れられてレインボーの
2代目ヴォーカリストだったグラハム・ボネットが80年末レインボーを脱退、81年のソロ
アルバム、82年のMSG参加そして脱退といった過程を経て、83年に自らのバンドとして
結成したアルカトラスは、同年” ノー・パロール・フロム・ロックン・ロール “をリリー
スし、その正統派ハード・ロック・サウンドの見事な様式美がファンに高く支持された
とりわけ注目を集めたのは、ギタリストの超人的ともいえる” 速弾き “の凄さだったの
だが、そのギタリストこそ当時弱冠20歳の若き天才プレイヤー、イングヴェイ・マルム
スティーンというわけだ
アルカトラスでイングヴェイが披露したメロディアスでなめらかな速弾きは、当時の
常識を完全に超越していて、しかもクラシック音楽をベースとしたその独特なフレージ
ングはあまりにも衝撃的だった




84年にアルカトラスを脱退した彼は、ソロ・アルバム制作に取りかかりスウェーデンか
ら旧知のキーボード奏者のヤンス・ヨハンソンを呼び寄せ、ベースは自らが担当、ドラ
ムスは元ジェスロ・タルのバリモア・バーロウが叩き、オーディションで合格したジェ
フ・スコット・ソートがヴォーカルを務めて、初のソロ・アルバム” イングヴェイ・J・
マルムスティーンズ・ライジング・フォース “が完成、このときのバンドを母体として
イングヴェイは自らのバンド” ライジング・フォース “を結成した
このアルバムは、当時のそんな彼のソロ・キャリアの集大成ともいえたアルバムである
” ブラック・スター “と” ファー・ビヨンド・ザ・サン “は、1stソロ・アルバム収録の
インストゥルメンタル・ナンバーで、どちらもイングヴェイのコンサートにおいては
重要な役割を果たし続けてきた曲であり、彼のサウンド・スタイルの特徴を極端に表現
している代表曲である


アルバム” トリロジー “は、イングヴェイ自身が最も気に入っている作品だということだ
けあって、楽曲の完成度も非常に高くギター・プレイも素晴らしいし、マーク・ボール
ズのヴォーカルも荒々しかったジェフとは異なる表現力がある
このアルバムからは” ユー・ドント・リメンバー ” ” ライアー ” ” クィーン・イン・ラヴ ”
が収録され、次作” オデッセイ “ではヴォーカルに元レインボーのジョー・リン・ターナ
ーを迎え、ジョーの持つメロディづくりも加わったせいか” ホールド・オン ” ” ヘヴン・
トゥナイト ” ” デジャ・ヴー “などのように、それまでとは一味違う曲が多く含んでいる
” スパニッシュ・キャッスル・マジック “は、ジミ・ヘンドリックスのカバー、” ジュー
ダス ” ” メイキング・ラヴ ” ” エクリプス “は、ゲラン・エドマン(Vo)、マッツ・オラウソ
ン(key)、ほかを迎えた全く新しいラインナップで発表した” エクリプス ”からの選曲で、
イングヴェイらしい北欧人らしいセンスをうかがい知ることができる





MEDDLE

Author: meddle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください