The Waterboys ” Dream Harder – ドリーム・ハーダー – “

新たなレコード会社のもとに誕生した” Dream Harder “

予告どおり趣を異にしたロック色あふれる作品となった” ドリーム・ハーダー “だが、
” ロック・アルバム・ドリーム・ハーダー “を語るに、この表現はあまりに浅薄で限定的
すぎるように思える
たしかに全編を走り回るハードで高揚感あふれるギターに、既存のファンは涙して喜び
新たに説得されるオーディエンスも多く現れただろう
しかし、これは” マイク・スコット、ドラッドを捨てロックへ回帰 “ではない
節操なく転換し続けると見えたこれまでの方向性、ビッグ・ミュージックもアイルラン
ドも力強く彼の中に根付いて整理されている
過去の放浪から蓄積されたものが、すべて惜しみなく披露されているし、曲のテーマ的
にも決意表明・宣言文的なナンバーと、自然や神秘主義を志向したものがほぼ交互に
並んでいて、特に後者ではアイルランドの豊かな自然を連想させるイメージも多々登場
する


§ Recorded Music §
1 The New Life – ザ・ニュー・ライフ
2 Glastonbury Song – グラストンベリー・ソング
3 Preparring to Fly – プリペアリング・トゥ・フライ
4 The Retuen of Pan – ザ・リターン・オブ・パン
5 Corn Circles – コーン・サークルズ
6 Suffer – サファー
7 Winter Winter – ウィンター・ウィンター
8 Love and Death – ラブ・アンド・デス
9 Spiritual City – スピリチュアル・シティ
10 Wonders of Lewis – ワンダー・オブ・ルイス
11 The Return of Jimi Hendrix – ザ・リターン・オブ・ジミ・ヘンドリックス
12 Good News – グッド・ニュース

§ Band Member §
Mike Scott – マイク・スコット( Vo,G,Key )
Chris Bruce – クリス・ブルース( G )
Carla Azar – カーラ・アザール( Ds )
Scott Thunes – スコット・サネス( B )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 ドリーム・ハーダー /ザ・ウォーターボーイズ 【中古】afb
価格:447円(税込、送料別) (2018/5/26時点)





また、巨大なスタジアムで鳴り響いて遜色ないギター・サウンドと共存するヴォーカラ
イゼーションは、間違いなくアイルランド以降のものだ
全く違う呼吸法、唱法を獲得したことは、ボーランなどのトラッド楽器の奏法とともに
アイルランドで習得した最も大きなもののひとつだったと、マイク自身が語っている
これは” 両極端 “とみえた二つの世界がマイクの内部で一体化し、ザ・ウォーターボーイ
ズにまた新たなひとつの時代をもたらしたことを示すアルバムである
新たな時代とは、試行錯誤を重ねてきたアーティストが踏み出した成熟の時代の第一歩
ともいえるだろう
マイク・スコットは、80年代以降に現れたロックン・ロール・ソングライターの中では
間違いなく五指に入る筆致の人である
特に言葉の持つ視覚的イメージを操る力は抜群で、しかも文学的表現を用いても人を煙
に巻くような不明瞭な詞は書かない




このアルバムでの表現は相当シンプルでストレートになっている
新たな生活と創作への熱を語る” ザ・ニュー・ライフ ” ” プリペアリング・トゥ・フライ
“や、スピリチュアリティを歌う” スピリチュアル・シティ ” ” グッド・ニュース “などに
この傾向が顕著に出ている
一方で” サファー “のようにダイレクトな感情表現も、かつてみられなかったもので、
いずれも迷いのない彼の心境を反映していると同時に、彼独特のロマン、詩的世界は
健在で往年のファンとして狂喜ものの” ザ・リターン・オブ・パン “は”自由への航海 “の
中の” ザ・パン・ウィズ・イン “の続編的作品である
地球上の万物の神、音楽を愛する神でもある半人半獣の” パン “の帰還を讃えるこの曲は
地球と人間の関係についての危惧を伝えるとともに、音楽への愛情の確認であると思う
これは” プリペアリング・トゥ・フライ “も同様で、ここに出てくる” 彼女 “は見間違い
ようもなく” ロック・ミュージック “である


そして” コーン・サークルズ “、ニューエイジ民族の巡礼の地、スコットランド沖のヘブ
リデス諸島にある巨石群など、自然と神秘的なものへの彼の尽きることなき憧憬も変わらないし、” ウィンター・ウィンター “はごく初期のナンバー” ディッセンバー “を彷彿とさ
せ、雪溶けのようなオープニングでこれに続く” ラヴ・アンド・デス “は、アイルランド
の詩人イエィツの詩に曲をつけたものだ
マイク・スコットの詞、そして音楽に触れて思うのは” 憧憬の力 “である
そして特に” ドリーム・ハーダー “にいえば、浮世離れした夢と理想を山ほど抱えたいつ
もながらのマイク・スコットが、それらを地に引き下ろしてみせて我々と共有しようと
いう意思と力を持ったということである





MEDDLE

Author: meddle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください