KANSAS ” MONOLITH – モノリスの謎 – “

KANSASというバンドが新たな道、あるべき姿を
模索し始めたスタート地点にある重要な作品

未知の古代文明の謎とされるモノリスは、古代インカ帝国の遺産に登場する碑である
1枚の岩で作られたその碑には、高等天文学の技術や宇宙船のような図が記されている
ことでも知られている
インカ帝国は中南米に住む先住インディアン種族が形成した文明で、学者デニケンは
この文明を” 宇宙人文明 “だと提唱して話題を集めたことがある
カンサスは映画『 2001年宇宙の旅 』の大ファンだったらしいが、この映画の中に登場
するモノリスは、やはり宇宙人文明説を基盤として、そのモノリスから特殊なウェイヴ
が放射されて我々人類が文明を持つに至ったという歴史的流れが、猿人の時代から未来
に向けて描かれていた
このアルバムのテーマは、そのモノリスにスポットライトを当てながら、現代文明の
病巣をえぐるといったカンサスらしい展開になっている


§ Recorded Music §
1 On the Other Side – オン・ジ・アザー・サイド ~ 謎の沈黙 ~
2 People of the South Wind – まぼろしの風
3 Angels Have Fallen – 堕ちてきた天使
4 How My Soul Cries Out for You – 遙かなる情念
5 A Glimpes of Home – 故郷への追想
6 Away From You – アウェイ・フロム・ユー
7 Stay Out of Trouble – ステイ・アウト・オブ・トラブル
8 Reason to Be – リーズン・トゥ・ビー

§ Band Member §
Steve Walsh – スティーヴ・ウォルシュ( Vo,Key )
Kerry Livgren – ケリー・リヴグレン( G )
Robby Steinhardt – ロビー・スタインハート( Violin,Vo )
Dave Hope – デイヴ・ホープ( B )
Phil Ehart – フィル・イハート( Ds )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Monolith [ Kansas ]
価格:1131円(税込、送料無料) (2018/5/26時点)





アルバム・カバーがまた強烈なインパクトを与えている
宇宙服を着たインディアンは、現代の白人文明が崩壊した近未来を描いているようにも
見えるし、見開きジャケットには崩壊した都市で生き続けるインディアンの姿が描かれ
” Ghost Dance Chant “の詩が記されている
インディアンたちが祖先の霊を呼ぶときにモノリスを前にして踊りながら歌う詩である
カンサスは迫害され続けるインディアンが破壊、崩壊された未来に再び平和な共存文明
を築くというテーマでこのアルバムを制作している
このアルバムが制作されたのは1979年だが、確かに1990年代は環境汚染、核の問題が
深刻化しているわけで、カンサスの描いたストーリーは確実に現実化していた




” まぼろしの風 “に代表される本作の歌詞も神秘的で、なかなか興味深い
この” まぼろしの風 “はシングル・カットされて全米チャート23位まで上昇している
アルバムの最高位は10位だった
” モノリスの謎 “はカンサスにとって初のセルフ・プロデュースとなったが、その後
スティーヴ・ウォルシュ、ケリー・リヴグレンがソロ・アルバムを制作することを考え
れば、このアルバムの持つ意味は大きい
また、カンサスとしての次のアルバムが” オーディオ・ヴィジョン “というテーマその
ものがモダン化するわけでカンサス独特のファンタージーに満ち溢れたイデオロギーは
この” モノリスの謎 “を契機に大きく変化することになる


サウンド的には全体的にコンパクトにまとめられていることも、カンサスの未来を暗示
していた
ライヴ・アルバム前後の作品” 暗黒への曳航 “と” モノリスの謎 “を聴き比べてみれば、
そのサウンドの色合いの違いはよく分かる
しかし、コンセプト・アルバムとしての完成度は高い
カンサスが得意とした大作主義は完全に姿を消しているが、ヴァイオリンやキーボード
をうまく使って、曲の中にドラマを作り出す手法には切れ味の鋭さを感じさせる
カンサスの伝統的な精神性を基盤にしながら、一方ではバンドの未来を考えて制作した
アルバムとの色合いを感じさせる





MEDDLE

Author: meddle

1 thought on “KANSAS ” MONOLITH – モノリスの謎 – “

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください