U.K.

U.K. — イングランド出身のプログレッシブ・ロック・バンド
1970年代後期、当時実力派プレイヤーが集結して結成

パンク・ムーヴメントが勃興して既存の音楽が終息する中、ブリティッシュ・ロックの最後を

飾る大物として存在感を示した

解散後のそのコンセプトは次代のスーパー・グループ” エイジア “へと受け継がれた

元キング・クリムゾンのメンバーであるジョン・ウェットンとビル・ブラッフォードがキング・

クリムゾンのようなインプロビゼーション主体のロックを再びプレイしようと話したことに

端を発する

当初は元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドが参加するともいわれていたが実現しな

かった

1976年、EL&Pを発展させた音楽を作って市場を開拓しようというコンセプトのもとウェットンと

ブラッフォードは、元イエスのリック・ウェイクマンを誘いキーボード・トリオ編成での活動を

試みるがレコード会社の問題、マネージメントの問題で数週間のリハーサルのみで挫折、この

ときにリハーサルされた曲の一部は後にブラッフォードのソロ・アルバム” フィールズ・グッド・

トゥ・ミー “にて別アレンジにて公開されている

1977年、ウェットンがロキシー・ミュージックで一緒になったエディ・ジョブソンに参加を

打診、リハーサル途中でギタリストの必要を感じたのでブラッフォード自身のソロ・アルバム

” フィールズ・グッド・トゥ・ミー “に参加していたアラン・ホールズワースを誘い、ファース

ト・アルバムに参加する4人のメンバーが決定した





1978年、このメンバーによるファースト・アルバム” U.K.( 憂国の四士 )”をリリースしツアーを

行い、ツアーでは新曲も披露されるがこの時点での音楽性の不一致は隠せないものとなり、ホー

ルズワースが解雇されることになり、ブラッフォードも脱退する

ブラッフォードとホールズワースはよりジャズ/フュージョン的な音楽性を求め、フュージョン・

バンド” ブラッフォード “を結成する

1979年、セカンド・アルバム” デンジャー・マネー “をリリース、同年5月に初来日、来日公演で

のライヴ・アルバム制作に伴い公演を録音、同年の本公演のライヴ・アルバム” ナイト・アフタ

ー・ナイト “をリリースするものの徐々にジョブソン色が強くなっていく中で、ウェットンと

ジョブソンの方向性に違いが生まれ翌年ツアー後に解散した

ウェットンによると” 日本での異様な人気で、エディが有頂天になってしまい手がつけられない

状態になっていた “という


 




解散以降、ウェットンはジェフ・ダウンズ、スティーヴ・ハウ、カール・パーマーとエイジアを

結成、ジョブソンはソロ活動へとシフト、スティーヴ・ボジオはフランク・ザッパ時代からの

同僚らと新たなグループ” ミッシング・パーソンズ “を結成した

1995年にジョブソンとウェットンでU.K.を再結成するというニュースが広まり、インターネットを

通じてドラマーにカール・パーマーが決定したとの情報が流れたが、直後にウェットンはそれは

根拠のないデマだと否定

1996年からジョブソンとウェットンで録音開始、ブラッフォード全面参加、ロバート・フィリッ

プ参加、ブルガリア女声合唱団をフィーチャー予定など報じられたが、ジョブソンの作業の遅れ

と、ウェットン/ジョブソンの仲違いによりU.K.は空中分解状態となる

結局この音源の一部はウェットンのベース、ヴォーカルを差し替えるなどしてジョブソンのソロ

名義で” ヴォイセズ・オブ・ライフ “として2000年に発表された

2007年、ジョブソンを中心として元キング・クリムゾンのトレイ・ガン、アレックス・マカセッ

クら5人編成でU.K.を受け継ぐバンド” UKZ “の結成が発表された

2009年、UKZとしてジョブソンにとって30年ぶりとなる来日公演が行われる

その後、ジョブソンが新たに結成したEddie Jobsons U-Z Projectのポーランドでのライヴにおい

て、ウェットンとの共演が実現した


2011年、ジョブソンとウェットンを中心に正式な再結成を果たす

4月、2度のアメリカ公演の後、U.K.名義では1979年の初来日公演後32年ぶりで2度目の来日公演を

実施、東日本大震災の影響などにより開催が懸念されたが、メンバーの思いもあり催された

2015年、ファイナル・ツアーを開催し4月の来日公演も行い、そしてこの年をもって再度の活動停

止、2017年、この年にオリジナル・メンバー、ジョン・ウェットンおよびアラン・ホールズワー

スが死去、エディ・ジョブソンは、これらさまざまな要因を理由にライヴ活動からの引退を

表明し事実上バンドの存続が消滅した


∈ U.K.の音楽性 ∋

ファースト・アルバムでは、ブラッフォードやホールズワースの持つジャズ/ロック的要素、ジョ

ン・ウェットンの持つハード・ロック的要素、シンセサイザーやエレクトリック・ヴァイオリン

を用いたエディ・ジョブソンのインストゥルメンタル的要素が絡み合い、ジャズとロックの要素

がほぼ均等に導入された楽曲とアレンジを聴くことができる

セカンド・アルバムではブラッフォードやホールズワースがいないせいもあってか、インプロ

ビゼーションの要素は後退し、ウェットンが当初考えていたEL&Pを発展させたような音楽を

作り上げている

U.K.結成時の音楽シーンはパンクやニュー・ウェイブといったジャンルが主流であり、1960年代

-1970年代のプログレッシブ・ロック的な雰囲気を多く残し、演奏技術を全面に押し出す作風は

時代遅れのものとして映っていた

日本およびヨーロッパでは歓迎されたものの音楽の最大マーケットであるアメリカやバンドの

母国であるイギリスではセールスにつながらなかった

結果としてバンドは解散するが、これを踏まえた形でジョン・ウェットンは1981年にポップ性の

強いエイジアを結成する





MEDDLE

Author: meddle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください